各部位を極めよう!

伝統あるベリーダンス衣装

ベリーダンスは、中東及びアラブ諸国で発展したダンス・スタイルのことを指す言葉です。
ヨーロッパでもオリエンタル・ダンスやオリエンタル・ベリーダンスと呼ばれ、アメリカ人の熱狂的なファンの中には中東の踊りといえば、このベリーダンスのことだと、言う人もいるようです。

紀元前5世紀頃の、エジプトの壁画に半裸のベリーダンサーが描かれていたり、12世紀頃のペルシャの細密画にも残されているくらい、歴史が古いのです。
その多くは口承により伝えられていて、今に至っています。
18世紀頃から19世紀にかけて、勃興したロマン主義運動が高まるにつれて、オリエンタリズムの芸術家達が、オスマン帝国のハレムを題材にした絵画を発表するようになったのでした。

この絵画などにより、ベリーダンスの存在が西洋にもたらされるようになったのです。
18世紀から19世紀の西洋の女性達の服装は極めて露出が少なく、上流階級の婦人はともかくとして、一般的な婦人はあまり宝石なども身につけることが習慣としてありませんでした。
ベリーダンス衣装は、西洋の衣装に比べると露出度も激しく衣装につける宝石や体に直接つける場合もあり、かなりの衝撃と驚愕を持って迎えられたのでした。

ダンサー達の驚くべき技術と演技は、多くの人の目を集め、夢中にさせたようです。
当時は様々な場所で、博覧会が催され、ダンサーによる卓抜したダンスが披露されました。
映画化されるダンサーなどもいたようですが、これはあまりにも破廉恥であるとして、検閲をされたようです。

女性の魅力のあふれるベリーダンス衣装

ベリーダンスの動きは、女性特有の丸さ、柔らかさを表現したものであり、基本的なステップやテクニックなどは、体の部分ごとに分かれた円運動になっているのです。
女性らしい、丸さを強調した動きはセクシーさを表現することもあり、衣装の露出度と相まって、19世紀頃の西洋諸国では、ベリーダンスは淫らな踊りであると解釈する人々もいました。

近年では、欧米諸国を始めとして日本においても、その円運動を基本のステップとして、しなやかな体を手に入れるためのベリーダンスを始める女性が増加しているのです。
実際にやってみなければ、わからないのですが全身の筋肉を動かすことが必要になるダンスなので、汗をかきます。
ベリーダンス衣装は、本格的なドレスタイプのものから、フレアーパンツのものまであって、どれを選んだら良いのか迷ってしまうほど、品揃えがあります。
身につけるアクセサリーもエキゾチックで印象的なものが多く、着ているだけでセクシーになれるのです。

Favorite

プチギフト

Last update:2018/7/11

トップへ移動